記事一覧

住宅リフォーム講座 消費者向け「安心・満足 すまいのリフォームセミナー」(2012/12/9開催)のご案内

住宅リフォーム講座
消費者向け「安心・満足 すまいのリフォームセミナー」(2012/12/9開催)
ファイル 131-1.jpg
日時:平成24年12月9日(日)14:00~16:00
会場:草津商工会議所3階
どなたでも参加できます。
自宅のリフォームを考えている方、中古住宅を買ってリフォームしたい方、建て替えとリフォームで迷っている方

詳細・参加申し込みは下記リーフレットPDFをご覧ください。
表 ファイル 131-2.pdf

裏 ファイル 131-3.pdf

平成23年度 木造住宅研修~家づくり講演会「木造住宅に求められる温熱環境・省エネ技術を考える」のご案内です。

ファイル 130-1.jpg日時:平成23年12月3日(土)
会場:草津商工会議所 3F 第4・5会議室
※先着80名(参加費無料)
詳細・お申し込みは下記リンクをご覧ください。
ファイル 130-2.pdf

事業者のための環境に配慮した長寿命化リフォームセミナー~住宅設備編(11月17日)のご案内

事業者のための環境に配慮した長寿命化リフォームセミナー~住宅設備編(11月17日)のご案内です。
ファイル 129-1.png
詳細、申込は下記PDFをご覧ください。
ファイル 129-2.pdf

湖国すまいスクール「くらしとすまいを考える」(平成23年9月11日)のご案内

湖国すまいスクール「くらしとすまいを考える」(平成23年9月11日)のご案内です。
詳細はPDFファイルでご覧ください。
ファイル 128-1.pdf

湖国すまいスクール&リフォーム講演会(「くらしとすまいを考える」~まちに触れ、すまいを知る)のお知らせ

湖国すまいスクール&リフォーム講演会(「くらしとすまいを考える」~まちに触れ、すまいを知る)のお知らせ

第18回 住まいの屋根のあれこれ

住まいの屋根といっても多種多様です。これまでの日本の生活にな
じみの深い屋根材といえば「瓦」。瓦といっても、燻し瓦に色瓦、
銀黒瓦に洋風瓦。その形も平瓦にのし瓦、鬼瓦に軒瓦と様々な種類
があります。また瓦に代わる屋根素材として鋼板(鉄板)葺きであ
ったり、スレート瓦など家の屋根材には、いろいろと種類がありま
す。また、屋根の形状にも、切り妻に入母屋、陸屋根に寄せ棟、片
流れなど形もいろいろ。そこに、雨水を流すための傾斜(勾配)が
つけてあり1メートルに20センチ下がったり、40センチ下がった
りと・・・。屋根の材質や形状、勾配、色など組み合わせ家の屋根
はできています。

第17回 住まいの地産地消を考える

近年は環境問題への注目が高まっていることもあり、家づくりにおいても”地球環境に優しい”というコマーシャルメッセージをよく目にします。

それらの”優しい”といわれる工法や建築材料(設備機器を含む)を使って家を建てた場合-省エネルギーや光熱費の節約につながって「家計が助かる」という点が評価されがちです。でもこれは”見える部分”。建築材料を製造・運搬する時のエネルギー消費は、”見えない部分”として気づきにくいことが問題です。

一概に建築工事といっても、その工程や材料は多岐にわたっています。基本的に、化石燃料などのように大規模な加工を必要とする材料や、輸入品のように運搬時の費用や燃料がかさむ材料は、本当の意味で、”地球や環境に優しい”といえないのかもしれません。

第16回 住まいと色彩について

人それぞれに好きな色があって、その色に囲まれ日々お暮らしのことでしょう。まさに「十人十色」といわれるように、それぞれ好みの色もそれぞれ違います。自分の好みに合った色彩に囲まれた生活は、本当に夢の世界ですよね。
最近になって、室内の色彩はそれぞれの好みで良くても、屋外の町並みには、統一性が求められるようになり、景観に対する意識が大きくなってまいりました。個人の好みで色

彩や建物の形状を勝手に造っては、景観の統一性が無くなり、町並みや地域環境が乱れてしまいます。また地域環境が乱れれば、そこに住まう住民どうしの感情も怪しくなり、住民意識が希薄な住みにくい地域となってしまう可能性もあります。建て替え等の場合は極端な色調は避けて、出来る限り従来から存在する色彩に合わせた方が少しは無難ではないでしょうか?建物の外観はまちを形成する景観の一部であり、地域住民の共有物でもある