記事一覧

平成15年12月10日(大津)11日(彦根)滋賀県木造住宅耐震診断員講習会開催のお知らせ

あの、阪神・淡路大震災から8年あまりが過ぎようとしていますが、この間、滋賀県におきましては琵琶湖西岸断層帯の長期評価が公表され、さらに、東南海。南海地震では23市町が法律に基づく推進地域に指定されるなど、地震に対する備えがよりさしせまった状況となってきてます。

これまで、建物の耐震化にむけた取り組みとして、耐震改修促進法による診断と補強のための講習会の開催、診断に対する補助制度等を実施して参りましたが、このたび昭和56年5月以前の木造住宅について、耐震化をさらに促進するため、県と市町村が協力して、診断希望者に負担をかけない診断業務(無料)を実施することとなりました。

建築士の皆さん方には、主旨ご理解の上、下記講習会に是非ともご参加頂き、地域の防災を担う一員(耐震診断員)としてご活躍を願うものです。

平成15年11月
土木交通部住宅課
課長 吉田 正子

講習名:滋賀県木造住宅耐震診断員講習会
    主催 滋賀県
    協力 (財)滋賀県住宅センター

事業名:滋賀県木造住宅耐震診断員派遣事業

受講対象者:県内に居住又は勤務する建築士(一級、二級、木造)

対象建物:
(1)56年5月31日以前に着工され、完成しているもの
(2)延べ面積の過半の部分が住宅の用に供されているもの。
(3)階数が2以下かつ延べ面積300㎡以下のもの。

(4)木造軸組工法のもので、枠組壁工法、丸太組工法の住宅ではないもの。
(5)大臣等の特別な認定を得た工法による住宅ではないもの。

日程・場所等詳細は別紙をご覧ください。
http://www.kokokusumai.jp/kiroku/031210/031210.pdf

http://www.kokokusumai.jp/kiroku/031210/031210.pdf