住宅の省エネルギー化の推進

大工・工務店の省エネ施工技術の向上を目指して

ダミー画像

わが国は温暖化問題や大震災を契機としたエネルギー制約に直面しており、エネルギー使用における低炭素型の社会をつくることが大きな課題となっています。

早急に取り組まねばならない住宅の省エネルギー化のために、国では新築住宅・建築物の段階的の省エネルギー基準への適合化を進めており、地域の大工・工務店も省エネルギーのための適正な技術習得が求められています。こにテキストが入ります。

省エネルギー性能の向上へ

地球温暖化などにより住宅の低炭素化推進が求められています

日本の平均気温は上昇の一途

ダミー画像

わが国は温暖化問題や大震災を契機としたエネルギー制約に直面しており、エネルギー使用における低炭素型の社会をつくることが大きな課題となっています。

早急に取り組まねばならない住宅の省エネルギー化のために、国では新築住宅・建築物の段階的の省エネルギー基準への適合化を進めており、地域の大工・工務店も省エネルギーのための適正な技術習得が求められています。

家庭でのエネルギー消費が減少していません

住宅・建築分野はわが国のエネルギー消費の約3割も占めています。加えて世帯数・床面積の増加やライフスタイルの変化で、エネルギー消費は増えています。

断熱の重要性

断熱のメリットは省エネルギー化だけではありません

冬の快適さと健康のために
住宅内に生じる温度むらがもたらす問題

ダミー画像

住宅の省エネルギー化に欠かせない技術が断熱ですが、断熱化には暖房室内の温度差および暖房室とトイレ・浴室などの非暖房室との温度差を少なくできるメリットも。これが低い温度でも快適で温度むらがない住宅空間を実現し、部屋間の急激な温度変化によるヒートショックの予防にもなります。





熱中症対策
近年増加している熱中症

ダミー画像

室内での熱中症などから日報省エネのためエアコンの温度を下げすぎないようにとの声もこれに対して断熱化と適切な痛風日射斜辺鷲巣なう室温を低下させます。




インフラが途絶えたとき
適切な断熱化はエネルギーインフラが途絶えたとき温度降下を防ぐ

ダミー画像

災害や事故等で、エネルギーインフラが途絶えると暖房設備が使えません断熱化してやれば温度効果をある程度励ます。











収入低下に対して
年金生活時の光熱費の削減

年金は減少傾向にあり、光熱費が高齢者の生活を圧迫していますが、断熱化してあれば、光熱費を少なくすることができます。

地域の快適な住環境実現のために

大工・工務店にとって適正な断熱化技術の習得は必須で、これから地域の人々の安全で快適な住生活に寄与します

ダミー画像

国の「低炭素社会に向けたスマイト住まい方」の推進方策の中間報告では、平成32年までに新築住宅のゼロエネルギー住宅化を実現することとしています。大工・工務店にとって断熱化等の住宅の省エネルギー化技術習得の大きなチャンスです。
技術の習得は同時に、低炭素化社会の実現と地域の人々の生活向上にも寄与します。

技術を活かす場 1
戸建て住宅の省エネ基準適合率はまだ5~6割程度

ダミー画像

大規模建築物の省エネ基準適合率は約9割に達していますが、戸建住宅はまだ5~6割程度。しかも、戸建住宅の約4割を供給している大工・工務店では省エネ基準適合率は2~3割ほどです。その主な理由は設計・施工が難しい、知識不足・情報不足というような省エネルギー技術の浸透の不十分さによるものです。つまり、これらの技術・知識・情報を得れば、それを活かす場がたくさんあるということです。

技術を活かす場 2
既存の住宅に対する省エネルギーリフォーム市場が拡大

住宅のストック全体に対する新築供給の割合を考えると、既存の住宅の省エネルギー性能の向上は、新築住宅に対する以上に重要です。リフォームにおいてきめ細かな対応ができる地域の大工・工務店の活躍の場が増してきています。

技術を活かす場 3
CO2削減には木造住宅の供給が重要

住宅のライフサイクル全体を通じたCO2の排出量を削減するには、地域外を活用した木造住宅の一層の供給が重要です。ここでも地域の大工・工務店の活躍が大いに期待できます。

今後の省エネ施策のロードマップ

ダミー画像

Q&A

皆さんはどれぐらい知っていますか?地球環境のこと、住宅の省エネ化のこと、そして断熱のこと

Q1 1990年度比で家庭のCO2排出量は?

2010年度時点で家庭から排出されるCO2は34.8%増加。近年の床面積の拡大、住宅個数の増加が大きく関係していますが、新築のみならず既存住宅も含めここの住宅の省エネ化が急務となっています。

Q2 住宅のエネルギー消費の内訳は?

温暖地では暖冷房、給湯、照明・家電製品等その他のエネルギーがそれぞれ1/3程度といわれています。暖冷房エネルギーを削減する「断熱・気密・遮熱・通風」の対策だけでなく、給湯等に対する様々な省エネ対策も同時に進める必要があります。

Q3 快適に健やかに暮らすには?

高効率なエアコン、給湯器等の省エネ設備機器は省エネ化に非常に有効ですが、それだけでは住空間の温度むらを少なくできません。断熱、機密、遮熱、通風等の建築的な工夫をきちんと行うことが、1年を通し心地よく省エネで暮らせる住まいの基本となります。



このページの先頭へ